CSS 株式会社ケアビジネスサポートシステム
会員様ログイン
072-252-3939
健康情報拠点薬局(仮称)……「薬×福祉用具」???
いわゆる「かかりつけ薬局」について、厚生労働省の有識者会議が14日、具体的な制度を提言する報告書がまとまった。
<第6回健康情報拠点薬局(仮称)のあり方に関する検討会>

国が「かかりつけ薬局」の普及を目指すのは、薬剤師による日常的な助言の機能を強化してサービスの充実を図り、薬の飲み残しや重複といったムダの解消、健康状態の悪化の防止などに結びつけ、ひいては、増大する医療費を抑制することが狙い。

医薬品の管理・指導を行う訪問活動や、原則24時間の相談体制をとることなどが要件となり、地域包括支援センターやケアマネジャー、居宅サービスの担当者、医師などと密接に連携することも必須としている。さらに、この提言をベースにした新たな制度を来年春にも導入したい考えで、年末にかけての診療報酬改定の議論では、「かかりつけ薬局」をどう評価するかがマナ板に乗りそうだと言われている。

なお近頃、薬局関係からの問合せが増えているのは、この辺りのことも関係しているのだろうか…?
事務処理代行サービス
- サービス概要
- Q&A
- 帳票サンプル
- 導入の流れ
クラウドサービス
- システム概要
- サービスの特徴
- 導入の流れ(料金)
- 導入事業所の紹介
ソリューションサービス
- コンサルティング
- エデュケーション
- ソフトウェア開発
企業支援ツール
- 携帯照会サービス
- ライトシリーズサービス
- お便りサービス
会社情報
- 全国お客様ネットワーク
- ご挨拶
- 会社概要
お問合せ
CSSログイン
CSSペンライトサービス
ページトップへ